「血管年齢」というワードが目に付くようになったときがアルギニンの始めどきです。

 

血管を意識するとき

 

血流というものを意識したことは、きっと誰にでもあると思います。全速力で駆け抜けた日、恋に胸が高鳴った日、怒りが収まらないとき、恐怖を感じたとき、心臓は激しく活動し、私たちは血液の流れを感じます。寒いときは血の巡りの悪さを感じますし、そんなとき血液の温かさが足先まで届くとありがたさすら覚えることがあります。

 

では、その血液が通っている血管を意識したことはあるでしょうか。血管は全身に張り巡らされており、体の隅々にまで酸素や栄養を運ぶ言わばライフラインです。

 

家の明かりや水道の水、ガスや電話越しの声の存在を私たちは実感し大事にしますが、意外にそれを供給するシステムや電波、電線や配管などには目を向けないもので、大抵の場合何か問題があって手元に必要なものが届かなくなってからその重要性に気付くのです。

 

血液と血管の関係もよく似ています。私たちは日々血液の存在を感じていますが、こんなにも体中に存在する血管の存在を蔑ろにしてしまうことがある。

 

そのせいで、ある日突然ブチッと切れてしまったり、詰まってしまったりする。

 

日本においては、心疾患や脳血管障害など血管に関する死因が上位2位、3位を占めています。年齢が上がるにつれてそのリスクは高まりますが、多くが生活習慣の悪さが引き金となっているようです。

 

40代、50代となると嫌でも血管を意識しなくてはならなくなるのではないでしょうか。健康診断では血圧やコレステロール値、血糖値について叱られることもあるかもしれません。

 

それでも大抵の人は、血管の重要性に気付きません。電話が通じなくなるまで電波の存在を疑わないように、水が出なくなるまで配管の破れに気付かないように、ライフラインというのはあって当たり前、使えて当たり前なのです。

 

ところが血管に関しては失ってからその重要性に気付くということも出来ないかもしれません。なにせ死因の上位を占める障害です。一度切れたが最後、もう繋がった状態を感じることもできないかもしれないのです。

 

そして、近しい人が血管障害で倒れたり亡くなったりしたら、さすがに血管を意識しないわけにはいかないでしょう。

 

アルギニン詳細

 

血管を意識してからの苦痛

 

身近な人が突然倒れたとして、その原因が心臓にあったとか、脳の血管にあったとか言う話を聞いたとします。年齢はさほど自分と変わらない人です。

 

そう言われてみればあの人は随分タバコを吸っていた。ストレスの多い仕事だそうで、禁煙は考えたこともないと言う。もしくは、お酒が好きだった。お酒を飲むと顔を真っ赤にしてあたりかまわず唾を飛ばして怒り出す癖があった。または、肥満体型だった。油っこい食事は受け付けないと言いつつ、酒を飲んだあとのとんこつラーメンは欠かさなかったらしい。

 

もしかしたら全てに当てはまるような人だった、というようなこともあるかもしれません。

 

その結果、その人は脳出血が起こって倒れた

 

このように、血管に負担をかける原因は意外に誰でも分かっているものです。

 

酒やタバコの飲み過ぎはよくない。血圧が高いと危ない。コレステロールが高いとまずい。血糖値だって高いと足を切断することになるかも、目が見えなくなるかもっていうことは知っている。

 

人の姿を見て、自分も血管を大事にしないといけないなと思うのです。ではあなたはすぐに生まれ変わったように生活習慣を変えられるでしょうか。

 

タバコを止める、お酒を控える、食べ物に気を遣う、運動をする。

 

やればいいと分かっていてもなかなかうまくいくものではないし、あらゆるものを我慢して健康になったところで、それで満足がいくことなのか分からない。健康にはなりたいが、その代償が今では大きくなりすぎてしまった。だけど血管について気にならないと言ったら嘘になる。ではどうするか。どうやって血管コンディションを整えるか。

 

そんなときにこそアルギニンです。

 

血管は破れたり切れたりするギリギリになっても、なかなかその事実を感じることはできません。もう少しで頭の中の血管が切れそうだ、なんて分からないのです。だからこそ血管の存在は忘れられがちですし、いざ血管に気を遣おうとしてもなかなかその方法が見つからない。もしくは納得が出来ない。

 

実は血管を労わる方法は簡単で、アルギニンの摂取を生活に取り入れるだけでよいのです。
アルギニンが血管・血流にもたらす好影響を知れば、きっと試してみたくなると思います。

 

アルギニン詳細

 

次のページへ

アルギニン